忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

通信


またまた2013年8月11日の産経新聞に載っていた記事です。・・・でも、この記事を読み終わって思ったことは、スマートフォンだけじゃなく、ガラパゴスケータイにも対応して・・・でした。凄い事を開発したのは素晴らしいことだと思います^^。ですが、スマートフォンにだけ対応というのは、もう少し考えてもらいたいな・・・と思いました。災害時の通信を無人機で確保できる技術を開発したという記事なのですが、災害だったらなおさらです。基地局が倒壊してもスマホでメール可能ということなのですが、災害時にはスマートフォンもガラパゴスケータイも関係ないのですから。なぜスマートフォンにだけ対応しているかは、もしかしたら、目指している実用化が数年後だからかもしれません。
数年後にはほぼ全員がスマートフォンにしているだろうという考えなのかもしれませんが・・・。数年後でもガラパゴスケータイを使っている人がいるかもしれませんよ・・・?。その時はどうするの。
この災害時の通信、どのような仕組化と言いますと、超小型無人飛行機を使って自動飛行。期待から15km以内の地上に、開発した小型通人装置を置くだけで、携帯電話の基地局が災害によって稼働しなくなった地域でもスマートフォンのメール機能が使用できるというのです。携帯電話会社を問わず。ソフトバンクモバイルは色々なことにチャレンジしているのですね。通信装置を装着した気球を飛ばす実証実験をしているそうです。この無人機で通信を開発したのは、総務省所管の研究機関「情報通信研究機構」だそうです。なぜ無人機での通信を開発しようと思ったか。2011年の東日本大震災です。あのとき、通信機能が使えなくなったことで、開発に乗り出したそうです。基地局が稼働しなくなり、通信機能が使えなくなった場合、復旧に2~3週間かかる場合があるそうです。
・・・2~3週間って・・・。それまで安否確認は不可能ということではないですか。一刻も早く安否確認したいですからね。

商標特許申請サービス、愛知県の弁理士事務所
トレードマーク費用
パテント
弁理士 料金
特許 権利取得

不要品も粗大ごみもまとめて買取り回収するサービス、愛媛県のリサイクル屋
回収 松山
家具のリサイクル屋松山
不用品 回収 松山
オーディオ 買取 松山
洗濯機の買取り愛媛県
ギター リサイクル 愛媛
液晶テレビ リサイクル

オレゴン州の格安転送サービス業者
アメリカ 転送 サービス
PR